TC-STYLEご利用ガイド
ヒーターパッド取付け方法 1

シート内部にヒーターパッドを取付ける方法を解説しています。内部(ウレタン)に取り付けますので、純正のシートヒーターの様に見た目も綺麗で本格派のお客様にお奨めです。サスペンダー付きなので取付けやすく、使用時のパッドのズレも軽減します。
※ヒーターパッド(ウルトラエアーパッド)

Step-01
最初にテスト接続をして動作確認。
● テスト接続でスイッチの点灯と、パッドが温まるか確認する。 ● 安全のためバッテリーのマイナス端子を外して作業してください。
配線を仮接続してスイッチを強レンジへ入れパイロットランプが点灯することと、ヒーターパッドが温まることを確認してください。正常に動作することを確認できたら、安全のためにバッテリーのマイナス端子を外してから作業を行ってください。
※ バッテリーを取り外すと車両のコンピューターに異常をきたす恐れがあります。車の取扱説明書をご確認のうえ作業を行ってください。
※ カーナビ等のセキリティーコードなどをメモして行ってください。

Step-02
車両よりシート&トリム類を外す。
● シートレールのボルトを外す。 ● シートと周辺のトリムを外す。
シートレールに固定されているボルトを外します。次にシート底面等に付いているコネクター類も外しシートを取り外します。シートサイドに付いているトリム類も一緒に外してください。

Step-03
純正シート生地を外す。
● 純正シート生地を外す。 ● Cリングを切断する。
純正シート生地を取り外し、ニッパーでシート生地とウレタンを固定している「Cリング」を切断してください。

Step-04
ヒーターパットを仮置きする。
● 仮置きをする。 ● サスペンダーで軽く止める。
ヒーターパットをウレタンに仮置きして、位置を確認してください。サスペンダーはまだ固定せず外しておくか、ゆるく装着してください

Step-05
Cリングを取付ける位置を確認する。
● ウレタン内の固定金具とヒーターパッドの穴の位置を合わせます。  ● 切込みが必要な場合は、基本軸線をカットしないように注意して下さい。
ヒーターパットの穴(通気口)を通し、シート生地とウレタンの固定金具をCリングで固定します。固定金具と穴の位置が合わないときは、カッター等でパッドに切込みを入れてください。そのときパッドの基本軸線は切断しないように気をつけてください。

Step-06
ヒーターパットを溝に押し込む。
● 固定金具の位置を意識しながら溝に埋め込む。 ● 座面、背面同じように溝に埋めます。
ヒーターパッドの位置が確定したら、ウレタンの溝にパッドを押し込み、Cリングを取り付けやすくします。

Step-07
生地とウレタンをCリングで固定。
● ウレタン内の固定金具と純正シート生地をCリングで固定します。 ● ナイロン結束バンドで取付ける場合。
純正シート生地とウレタン内の固定金具をCリングで固定します。Cリングやナイロン結束バンドを使用して取り付けて下さい。Cリングはカシメ工具やペンチで固定して下さい。

Step-08
サスペンダーで固定する。
● サスペンダーでヒーターパッドを固定。 ●止め具の向きに注意してください。
純正シート生地とウレタン内の固定金具をCリングで固定したら、純正シート生地を被せる前にサスペンダーをしかっり固定します。サスペンダーはヒーターパッドのズレを軽減します。

Step-09
純正シート生地を取り付ける。
● 純正シート生地を取り付けて・・・。 ● 後は車両にシートとトリムを戻して完成〜。
純正シート生地をヒーターパットの上に被せてください。ヒーターパットとシートカバーを密着させることで、より温度が伝わります。 純正シート生地を取り付けながら、取り外したトリム類を元に戻してください。

営業日カレンダー

2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
■土日祝日は休業日となります。
■ご注文は24時間受付年中無休
■営業時間:PM13:00-PM18:00

モバイルショップ